2017.10.01公開

モスキート音が聞こえる、聞こえないの差の鍵は「有毛細胞」にあり

06

「若者には聞こえるけれど、大人には聞こえない音」として、一時期、モスキート音(蚊の羽音)が話題になりました。モスキート音は「キーン」という17,000 Hz(ヘルツ)前後のとても高い音のこと。なぜ大人になると聞こえなくなると言われるのでしょうか?

モスキート音の聞こえは、耳の中の有毛細胞の状態が関係している

モスキート音の聞こえ方には個人差があり、じつは30代以上でもモスキート音を聞きとれる人はいます。これは高い音の聞こえは単に年齢に左右されるものではなく、音を感知する内耳の「蝸牛(かぎゅう)」という器官の中にある有毛細胞(ゆうもうさいぼう)が関係するためです。

蝸牛は耳の奥にあり、文字通り、かたつむりのような形をしています。その中はリンパ液で満たされていて、音の振動でリンパ液が動くと蝸牛内の有毛細胞が刺激されます。刺激された有毛細胞は、聴神経の発火を促し、最終的に音の情報は脳へと伝えられ音が聞こえたということになります。

高音によって刺激される有毛細胞はダメージを受けやすい

有毛細胞には内(ない)有毛細胞と外(がい)有毛細胞の2種類があり、これらはいわばピアノの鍵盤のように並んでいます。蝸牛の入り口近くにある有毛細胞は高音に反応し、蝸牛の奥にある有毛細胞は低音に反応します。ところが全ての音の振動は蝸牛の入口から入ってきますので、入り口に近い方にある有毛細胞には負荷がかかりやすくなります。結果的に損傷を受けたり死滅したりしやすくなるのは、概して高音によって刺激される有毛細胞になります。有毛細胞は新しく作られることはないので、有毛細胞が死滅していくと細胞数が減っていき元の数に戻ることはありません。

このように、有毛細胞が日々働き続けたことによるいわば経年劣化として、蝸牛の入り口付近の有毛細胞の数はますます少なくなって高音域の聞こえが悪くなっていきます。その結果、モスキート音を聞き取れないことが多くなっていきます。ただし、これに個人差はあります。大きな音は繊細な有毛細胞を傷つけてしまうため、大音量で音楽を聴き続けていたりすることで若い人でもモスキート音の聞こえ方に影響が出てくることがあります。

モスキート音は一度聞こえなくなったら二度と聞くことはできない

一度ダメージを受けた有毛細胞は元に戻らず、有毛細胞が新しく作られることもありません。有毛細胞の数が減っている場合はモスキート音に反応する有毛細胞が少なくなっているので、モスキート音の音量をいくら上げても聞こえません。また有毛細胞は新しく作られることがないので、一度聞こえなくなったら二度とモスキート音を聞くことはできません。健康な聞こえをできるだけ維持するためには、有毛細胞を損なわないように、耳への損傷の原因となる騒音を未然に防ぐことが大切になります。

モスキート音は聞こえなくても生活に支障はありませんが、聴力を考えるきっかけとして、スマートホンのアプリなどを使ってモスキート音が聞こえるかどうかチェックしてみるのも良いかもしれませんね。