聞こえの総合情報サイト

音の雑学:赤ちゃんに音痴はいない?

  • 公開日:2021.01.20
音の雑学
赤ちゃん

今日も世界中で赤ちゃんが元気な産声を上げていることでしょう。ところで、そんな赤ちゃんの産声に着目した研究が行われたことがあるのだとか。それによれば、世界中の赤ちゃんの産声の音程は共通して「ラ」の音だそうです。人種に関係なく産声が同じ音なのはとても不思議ですね。今回は産声をはじめとした赤ちゃんと音の関係についてのお話をお届けします。

 

どんなに練習してもカラオケで音を外してしまうという人もいると思いますが、人間はもともと絶対音感を持っているんじゃないかという説があります。

その根拠として、赤ちゃんが誕生した時の第一声となる産声は、人種や性別はまったく関係なく全世界共通で「ラ」(440Hz)の音なのです。

これは昔から多くの学者によって研究されているものですが、最近の研究では耳では感じ取れないほどの差異として、ドイツ生まれの赤ちゃんの産声は少し低く、フランス生まれの赤ちゃんの産声は少し高いことが報告されています。赤ちゃんは妊娠7ヶ月頃からお母さんの話している声を聞いていると言われ、その時に聞いた言語によって高低差が生じるのではないかと考えられています。

この赤ちゃんの発する「ラ」の音は人類にとって基準となる音で、オーケストラの音合わせもオーボエが出す「ラ」の音を基準に他の楽器の音を合わせてから演奏が始まります。

楽譜などでは「ド」の音から始まりますが、アルファベットでは「ド」はCで表し、「ラ」はAとなり、もともと「ラ」が始まりの音だったのです。

昔から「赤ちゃんは泣くのが仕事」とも言われていますが、どうしても泣きやんでくれない赤ちゃんに苦慮するお母さんもいると思います。赤ちゃんは生まれたばかりの頃は喋ることも、見ることもできませんが、耳だけは発達しています。

その事もあって、特別な音を聞かせると赤ちゃんが泣きやむということはよく言われています。

ブラウン管テレビ

かつてはテレビの放送終了後の深夜に流れる、砂嵐と言われるザーッというノイズ音を聞くと泣いていた赤ちゃんがすっと泣きやむと言われていました。